師範 渡邉剛

40歳で合気に出会い、本物の合気・合気の神髄が学べる大東流 佐川道場で修行。不世出の名人、佐川幸義先生の門人の中で、先生が認めた"佐門会"に入った最後の弟子 。

合気の研究室を立ち上げ、合気と向き合ってきた。

2015年 60歳の時に格闘技イベントの巌流島に出場し注目される。
『巌流島を体験して、自身の足らなさを感じ、より成長に進むことができた大会になった。大きく変わるきっかけ、大きく成長するきっかけになった。』

2018年7月に合気を指導する剛道場を開く。

合気の道と私

*

私が合気を知ることができたのは運命だと思っています。

合気に出会ってからこれまで、合気の道を歩み続けてきました。
そして、これからも生涯をかけて、合気の道を歩み続けていきます。

合気の世界を多くの人に伝えていくこと、本物の合気をこの世に残していくことが私の使命だと考えています。

合気は相手を崩す技術

*

合気は相手を崩してしまう技術です。
あらゆる武道・武術において、"相手を崩す"ことが大事です。

合気にかかった相手は動けなくなり、反撃や抵抗ができず、しがみつくしか出来なくなってしまうのです。

合気は、護身術としても身に付けておくべき技術です。万が一にも襲われた場合、逃げるのが一番の策ですが、護身術として合気を身に付けていれば、怪我を回避できたり和らげることができます。

合気は究極の身体づくり

*

合気の稽古は身体の軸を作り、身体の密度を高めます。

あらゆるスポーツにおいて、身体の軸をつくることが身体づくりの根幹になります。すべてのスポーツは軸を中心とした回転運動と言えるからです。

合気の稽古を続けると、体幹を鍛える以上に密度の高い身体づくりができます。体重以上の根を張ったような重さを相手に感じさせられます。ぜひ、私や弟子の身体の密度・重さを体験しに来てみてください。

剛道場でお待ちしています

*

剛道場は、合気の稽古を通じ、人間の素晴らしさを感じとる事ができる道場です。

合気がどんなものなのか気になる方、合気に少しでも興味を持っていただいた方は、気軽に体験・見学に来てみてください。